平成30年度
「弘前の歴史的文化遺産講座」

講座回数開講日・時間講座内容予定
第1回8月22日(水)
10:00〜11:30
弘前藩最後の藩主
津軽承昭を語る
第2回8月29日(水)
10:00〜11:30
弘前藩の戊辰戦争
野辺地・函館戦争
第3回9月5日(木)
10:00〜11:30
文化と弘前
第4回9月12日(水)
10:00〜11:30
津軽大石武学流庭園
の曙を語る
第5回9月19日(水)
10:00〜11:30
弘前の文明開化
衣食住に暦が変わる
第6回9月26日(水)
10:00〜11:30
弘前城を桜の名所に
第7回10月3日(水)
10:00〜11:30
弘前の神仏分離
お寺様の大移動
第8回10月10日(水)
10:00〜11:30
堀江佐吉の登場と
明治洋風建造物
第9回10月17日(水)
10:00〜11:30
岩木山に女性が登山
女性の近代化
第10回10月24日(水)
10:00〜11:30
弘前城廃城と
弘前公園開園

詳細・お申し込みはこちら

一般社団法人弘前文化財保存技術協会

情報提供のお願い(写真をお持ちの方はぜひ拝見させてください)

特に弘前市の瑞楽園、平川市の盛美園、黒石市の金平成園(沢成園)
文化財の修理・修復の際役立たせていただきたいと思います。


調査いたします!

古写真・古文書をお持ちの方、古い建物を所有・お住まいの方
調査希望者はお気軽にご相談ください。

協会の活動

みんなで守る、これからへ繋げる歴史と文化
伝統技法

文化財の保存事業に携わることにより、古の工匠の叡智を吸収し、研鑽練磨を重ねます。

調査研究

文化財の調査研究及び技術の研究並びにその保存修理のための設計監理、活用及び管理計画策定を行います。

講座一覧

後継者育成のための研修会・講習会・見学会を開催し、伝統文化と伝統技術の保存・継承を推進します。


主な業務内容

文化財建造物及び遺跡保存修理のための事業(文化財と同等の価値を有するものを含む)
文化財保存及び公開施設等の設計監理及び管理運営のための事業
技法調査、保存技術の改善並びに保存整備事業に関わる知識の情報提供
近代化遺産の保存に関わる事業
町並みに関する事業
一般市民向けの講習会、研修会、見学会の開催
文化財保存に関わる報告書等の書籍刊行

協会の目的

守る
伝える
活用する

弘前市をはじめ青森県内には、先人の努力により数多くの歴史的文化遺産が残されています。
昨今、この保存をするための調査・研究を行なう技術者が不足しており、さらに、実際に修理等を行う職人においても例外ではありません。

貴重な、歴史的文化遺産を次世代に引き継ぐためには、伝統的技術等の基礎知識をはじめとする専門知識が求められます。
しかしながら、このような知識や技術を習得する場が失われつつあり、技術の継承が難しくなってきています。

このような伝統的技術等を後世に継承するためは、一個人の活動では、限界があるため、法人を組織し技術者への技術の習得や一般の方々への公開講座を開講するなどの事業を行い、先人の築きあげてきた津軽の風土・文化を末長く文化遺産として残していくために、一般社団法人弘前文化財保存技術協会を設立し、広く後世に歴史的文化遺産の保存と技術の継承を行いたいと思います。

Client Client Client

文化財マップ

気になる場所をクリックしてみましょう。
素晴らしい文化財の数々が、弘前の歴史と伝統を物語ってくれます。

お知らせ

ご意見・ご質問